カンボジアから研修生について

  • カンボジアからの研修生について

    • カンボジアは、インドシナ半島に位置する、人口約1、500万人を有する国です。
      タイ、ベトナム、ラオスに国境を持っています。

      カンボジアの研修生の情報を簡単に探すことができます。

      カンボジア人の方のほとんどは熱心な仏教徒であり、感謝の気持ちを、手を合わせてありがとう、と言って表現するところなどから分かるように、日本人と共通するような価値観を持った人々です。



      また、細やかな気配りをするところや年配の方を敬う習慣があるところなども日本人とよく似ているといえます。性格は勤勉であり、素朴な方が多く、日本人としてはカンボジアからの研修生は比較的受け入れやすいと考えられます。カンボジアにとっての日本は最大の援助国であるので、人々は日本人や日本の企業への憧れと尊敬の気持ちを持っていることが多いです。とりわけ日本人に対する信頼は他の国と比較しても、とても強いものがあるといえます。


      そして、平均的な月収は80ドルから100ドルほどで、生活は裕福なものとはいえませんが、犯罪は少なく、治安がよいところから仏教信仰によって支えられた、人々の豊かな心が分かります。



      人材育成を主とする観点より、未来の自国を背負って立つことになる青年達を自国の産業振興と経済発展の担い手とするため、他国で発展した技術、知識、技能を身につけさせたいと考える国々があります。


      このような考えに対応するために、日本の産業界が青年たちを研修生として一定の間受け入れることで、日本が持つ知識、技術などを身につけてもらうシステムができました。

      研修生の受け入れが進めば、結果的に世界が豊かになるといえます。