カンボジアから研修生について

  • お米作りで研修生を選ぶなら稲作の国カンボジアです

    • 皆さんはカンボジアについてよくご存知でしょうか。


      遺跡なら知っているという方も多いですが、実は日本と似ているところがある国です。
      カンボジア人も日本人同様にお米を食べるため、稲作を家業にしている人がとても多いです。
      つまりお米に親しんでいるため、日本で稲作を手伝う外国人研修生が欲しい時は、カンボジア人を選ぶのもおすすめできます。お米を食べない国から研修生を招いても、よほど日本食かお米に興味がないと、一から学ぶのは時間がかかるかもしれません。

      しかしすでにお米に親しんだ国から来るなら、作業を覚えたり、日本食に馴染むのも早いと言えます。もし日本の稲作を世界に伝えたい夢があるとか、後継者や人員不足で困っている時は、こうして外国人研修生を受け入れてみるのも良いでしょう。コミュニケーションが心配という方もいますが、研修生を派遣させている団体が、すでに研修生に日本語や日本の文化について教育していることも多いです。
      この辺は団体に聞いてみましょう。


      人柄に関しては、カンボジア人は働き者が多い、恥ずかしがり屋が多くて親しみを感じるという人もいます。
      小柄な方も多いです。その辺は日本と同じアジア人としての共通点かもしれません。

      あなたの知らないカンボジアの研修生の情報を提供中です。

      日本人とカンボジア人にはお米という共通点があるので、会話も自然に弾みます。



      コミュニケーションの一つとしてお米を使った料理を教え合うのも良いでしょう。


      気になることは派遣している団体に遠慮せず聞いてみましょう。