カンボジアから研修生について

  • カンボジアからの研修生が技能を習得するシステムです

    • 現在、日本では外国人技能実習制度があります。

      これは、開発途上国において、経済発展と産業振興をリードしていく人材の育成を行うために、日本のような先進国で実現している先進的技能や知識を見につけさせるためにスタートした事業なのです。
      これによって、カンボジアはじめ、いろんな国からの青年労働者を研修生として産業界で受け入れて、その業界ので技能を習得してもらう上で、非常に役だっています。

      カンボジアの研修生情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      外国人技能実習制度は、諸外国からの研修生が技能をマスターして出身国の発展に寄与することと、同時に、受け入れた企業にとては、国内での労働力不足を緩和するなど、双方に大きなメリットをもたらしています。

      日本国にとっては、国際協力と国際貢献の活動にとして、ゆるがせにできない重要な役目を果たしています。

      現在、カンボジアから多くの研修生を受け入れています。

      カンボジアは、そもそもが親日的な国であり、国民性としても、温厚で勤勉なパーソナリティーがあり、日本の企業の職場での仕事でも、違和感なく周囲の環境に溶け込んでいます。



      かつては、ポルポト政権下で国民の大量虐殺が行われ、人口が激減し、経済も収縮してしまった時期がありました。

      しかし、外国人研修制度を利用して、カンボジアから多くの若者が日本に来て、貧困の撲滅のために懸命に技能取得に励んでいるのです。



      外国人研修制度のおかげで、カンボジアの将来を背負って立つ青年を啓発し、祖国の発展に寄与することが期待されています。