浴室リフォームのためのプラン作り

浴室リフォームを行うときには、家族で意見をまとめた簡易プランを先に作成して、それを元に施工業者と話を行っていくととてもスムーズになります。これまで使いにくかったところや変更したい個所、新たに設置したい設備の商品番号などを書き出します。カタログなどを持っていなくて、明確に取り入れたい設備がわからない時には、水回りのシステムを開発しているメーカーのショールームを利用すると良いです。ショールームはテーマごとに実際の設備が配置されているため、見た目の印象や機能を確かめることが可能です。

浴室リフォームの完成形がイメージしやすくなります。自分たちで考えているプランも持参すれば、担当者を交えてアドバイスをもらうことができて、おすすめの商品を提案してもらうことも可能です。ある程度設備が決まれば、浴室リフォームの概算を出してもう事もできますから、内容に満足できればそのまま工事も依頼することができたり、他の業者と比較するための参考にもなります。ショールームで直接工事を依頼すると、パートナー契約を行っている施工業者が依頼されて実際の現場を見に来ます。

そして必要な工事を確認したり、プランで希望した商品を設置することができるかをチェックして、正式な見積もりやレイアウト図面などの提出を受けます。提出された内容をよく確かめて不満などがある場合にはこの段階で業者に伝えておくべきで、工事途中で変更などを行うと料金が追加されることがあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.